探偵

浮気調査費用無料見積り相談所

 

 

 

 

 

 

行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、証拠を探したほうがいいでしょう。
浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。

 

 

 

浮気現場にシロウトが踏み込んだり、離婚裁判で採用されるような証拠を得るのは不用意なトラブルに発展しかねませんので、探偵業者に依頼することも検討すべきです。

 

 

 

想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、不倫の有無を調べる追跡調査です。どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に具体的に説明しますね。一番多い手法としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、対象の追跡を行います。

 

 

 

相手が警戒していることもありますから、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、不貞行為の証拠を入手します。
不倫調査を頼む際は、どんな目的でどのような調査をしてほしいかきちんと話し合っておく事は欠かせません。
別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、でなければ証拠を集めて離婚裁判に持ち込みたいとかは、はっきりさせておかなければなりません。どこに主眼を置くかにより調査員の仕事内容も変わる場合が多いからです。どういうわけか浮気というのは、何度も繰り返す始末の悪いもののようです。
浮気現場を押さえられて、しばらく自粛状態が続くのですが、浮気相手と示し合わせて猫をかぶっているおそれは充分あります。言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、探偵を頼むなどして、不倫の証拠をおさえて、決着をつけるべきです。探偵業者に配偶者の浮気の追跡調査を依頼すると、調査していることが相手にばれないか心配になるのは無理もないことです。探偵というのは相応の技能と経験を持つプロフェッショナルですから、むこうが気付くようなことは、まずないはずです。

 

また、意外なところでは、調査を依頼したことでクライアントの挙動がいつもと変わった結果、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。調査が完了するまでは、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。

 

お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、配偶者から「子供がほしい」と言われたからというのが少なくありません。本来大事にすべき相手を騙していることに良心の呵責を覚えるようになったり、将来が見えない浮気という繋がりにうんざりする気持ちが出てきたりします。もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、今までの罪の意識も手伝って、関係解消へと動いてしまうのです。

 

 

もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、事前相談といった形で無料で話をきいてくれるところを利用すると安心で良いでしょう。
家庭内でのゴタゴタで気持ちの安定を欠いているときに、信頼できるかどうかもわからない会社に調査を頼むなんていうのは、やはり無理があります。

 

そのような不安を少しでも減らすために、無料相談で相手の対応を見るのは役に立つはずです。

 

探偵と興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、違いといえば単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。どちらも探偵や調査を取り扱っているところは変わりないです。

 

 

 

ですから、不倫の調査をしてもらう分には、同じと考えて問題はありませんから、自分が信頼できるところに依頼すれば良いのです。もっともジャンルごとの得手、不得手は、会社によってそれぞれ微妙に異なるため、事前に調べたり質問しておくことが大切です。
不倫の証拠をおさえるための素行調査は、探る相手が顔見知りですから、調査していることに気づかれやすい上、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も無視できないでしょう。

 

同じことでも探偵に依頼すれば、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、自分や知人などが調査するより確実に証拠を集めることができるのです。

 

興信所や探偵社で行う浮気調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。
証拠がなければ調査料金の請求もなくて、ラッキーと思うでしょうが、ターゲットの浮気の有無が曖昧(ややシロ)だったり、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、断るときもあるそうです。当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときに意外な高額請求になる場合もあるので、利用者の方で気をつけておかなければいけません。

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、金銭面で揉めたパターンもあります。
先に見積もってもらった金額に「別料金」「経費」が加算されたり、あわてて契約の解除をしようにも、キャンセル料をとられることがあります。あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックすることを強くおすすめする次第です。
料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、別の事務所をあたることだってできるのです。
以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)携帯をチェックしようとしたら、いまさらながらにロックしてあることに気づき、結局、何も得ることができませんでした。泥沼は嫌なので、これは探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、昨年バイトしたときの貯金も少ししかありませんし、ためらっているところです。
だいたいどのあたりで浮気だというのでしょう。

 

それは、その人の倫理観によっても違うでしょう。たとえ仕事上の付き合いでも女性と親しくしたら浮気だとか、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気だと認定する人もいるぐらいです。

 

 

ちなみに法律の上では、肉体関係があれば「不貞」となります。まあ、一般的には、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは慎むにこしたことはありません。探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、対象の仕事先や交友関係、行動時間など気付いた限りの情報を提供するほうが、調査費用が安くつくだけでなく調査精度も上がります。探偵に丸投げするのは簡単ですが、ゼロからの積み上げで調査する分、ムダな時間を要するのです。隣にいれば自然と気付くことも少なくないでしょうし、とりあえず記録や観察に努めると良い結果が出やすいでしょう。パートナーの不倫が元で離婚するときに揉めて、とうとう家裁での離婚調停となるケースは少なくありません。

 

 

 

家事調停委員が加わり、離婚のための意見調整を行うため、当人同士や親戚内で話し合うよりも解決に向けて進展しやすいというメリットがあります。緊張せずリラックスして臨みましょう。

 

 

以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、そこでポロリと不倫が発覚したというパターンも多くなりました。配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅうチェックするそぶりがあれば、不倫相手と連絡を取り合っていると考えてもおかしくはないでしょう。SNSに関わる相手の態度というのは、ある意味、浮気の指標と言えるかもしれませんね。里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。既婚者同士の恋愛に発展する可能性が高いです。好きだった人が素敵な大人になって現れたり、元クラスメイトということで当初は男女を意識せず、その時の出会いは普段より運命的に感じられるのだとか。

 

同窓会出席を契機に、配偶者が不審な行動をするようになったら、ひょっとすると、浮気しているかもしれませんよ。
不倫の証拠をおさえるための素行調査は、探る相手が顔見知りですから、尾行発覚のリスクが高いだけでなく、自分か相手が激昂するといった不測の事態が起こる危険性もはらんでいます。
探偵社に頼めば、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、シロウトが行うよりずっと上手に不倫の証拠を得られるでしょう。

 

裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。

 

浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。そのような方のメンタルケアを行う相談員がいるのをご存知でしょうか。

 

専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、心の傷を癒し、前進していけるのです。
最も身近な人物に欺かれていたために、別れたあとも人間不信を引きずってしまい、積極的に将来のことを考えられなくなるという相談もしばしば聞かれます。

 

 

 

それに浮気された夫婦がもしやり直すのであれば、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。
ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。あとになれば虚しさだけが残るのが浮気というものです。夫婦関係に嫌気がさしたからといって、新しい人と再スタートなんていうのは、虫が好すぎるのではないでしょうか。夫婦の間で生じた不満なら、そのようなことで解消するとは思えませんし、お子さんがいるご夫婦なら無責任もいいとこだと思います。
我を通すあまり周囲が見えなくなっているのです。

 

 

きっと後悔しますよ。探偵業の存在を知っていても、利用することはほとんどないでしょう。

 

 

 

そんなわけで、パートナーの浮気調査をしてほしいと思っても、どこが良いやらピンとこないのが普通だと思います。探偵業務を行うには、所轄の公安に届け出を出し、認可がおりた事業所には許認可番号つきの探偵業届出証明書が交付されます。届出をした正規事業者であるかはこの番号で分かるというものです。
つまり、業者のウェブサイトに許認可番号の掲載があるかどうかをチェックしましょう。通常の金銭感覚からすれば、調査会社に頼んで浮気調査をしてもらうときの料金は、高いように感じることがほとんどでしょう。

 

 

そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に依頼して、浮気調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、無駄遣いもいいとこです。理想から言えば、調査能力を第一に考えるべきですが、調査料が高額であるほど相応の調査能力があるかというと、判断に迷うところです。興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。平均的な調査料金ですが、不倫の調査などで3日で12万ないし14万くらいを見込んでおくといいと思います。
調査内容や所要日数などはコストに反映されますが、どんな調査でも50万から60万円くらいは見ておくと良いでしょう。

 

 

 

私は大手探偵社の調査員をしていますが、浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、それなりのワザとカンを必要です。

 

ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、即座に判断して行動する応用力も必要です。

 

浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと多少疑われるだけでも依頼者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、常に細心の注意を払うことは常識です。
対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。
配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、浮気の証拠をしっかり掴んで、片方、ないし両方に慰謝料を求めるというのが最も効果的です。

 

浮気相手は遊びのつもりで悪いことをしている感覚はあまりないというパターンが多いです。

 

配偶者として正当な慰謝料を請求することで、事態の深刻さを自覚させることができるでしょう。

 

 

 

不倫がわかり、離婚調停や裁判ということになれば、浮気の証拠が不可欠です。たとえば、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。それに、スマートフォンのメール、LINEのトーク履歴が裏付けとして用いられる例もあります。

 

浮気を繰り返す人、やめられない人というのは、鬱状態に陥りやすいようです。理由は、恒常的なストレスがあげられます。

 

 

どちらかが結婚していたり、あるいは両方が既婚で家庭があったりすると、不安やストレスをかかえこみやすくなり、やがて症状として出てくるのです。
そして、裏切られた配偶者もまた、不眠やウツなどの症状を抱えやすいです。いざ不倫調査を探偵に依頼したあと、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。ただ、探偵は便利屋と違って専門家ですし、察知されることは極めて少ないといっていいでしょう。とはいえ盲点もあって、浮気調査を依頼したあと、クライアントの挙動がいつもと変わった結果、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。

 

調査が完了するまでは、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。

 

たちの悪い興信所にあたってしまうと、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。
事務所に相談に行った際、契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは危ないと思ってよいでしょう。断って帰宅したあとでも、やたらと電話で勧誘してくるのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。普通の営業をしている探偵業者なら、そんなことはしないはずです。パートナーの浮気に気づいたときは、さしあたっては今後の動向を考えるために心を落ち着けるのが先決です。いまさら夫婦関係を続けていくことに抵抗があれば、離婚とか、そうなると慰謝料の請求だのも考慮していかなければなりません。相手と話し合いの場を設け、お互いにどんな問題があり、これからどうすべきか話し合うと良いでしょう。

 

 

探偵業者を選ぶなら、前もって企業情報や利用者の評価などを調べることを強くお勧めします。
悪質なところだと、不当に高い料金を請求してきたり、満足な調査をしていないこともあるようです。

 

一定以上の評価を得ている業者なら、詐欺まがいの請求に悩まされるという不安もありません。

 

もちろん、浮気の追跡や行動調査なども手抜かりなく行ってくれると思います。

 

浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることは可能です(民法779条)。いったん認知してしまうと、その後は養育費を請求されたら支払う義務が発生しますし、とても重要な手続きです。
すでに別れていたり、認知するしないで揉めた場合には、家裁に訴えることもできます。

 

 

そのような事態に陥る以前になんとか不倫をやめさせないと、長い将来にわたって多大な支出が生じる可能性があります。興信所や探偵社などを経営する際は、資格や免許はこれといって要求されません。
ただ、平成19年の探偵業法の施行により、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、公安委員会に届け出書を提出し、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、認可された会社(個人も可)になることが開業の大前提となります。

 

 

 

営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。
探偵業者に調査を頼んで証拠を得て、ようやく浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子に繰り返すことがあります。休日に家族と過ごす時間が減ったり、メール履歴などで浮気が再燃したことがわかるわけです。

 

 

 

その前の浮気に対する処罰が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応が不可欠です。

 

不倫のあきらかな証拠が掴めなかったときは、裁判などでは思うような結果にならないかもしれません。
パートナーの不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定されることがあるからです。

 

 

 

そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。

 

証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのを回避するには、裏付け調査を探偵に依頼することをおすすめします。

 

探偵業者に浮気の調査を依頼するときでも、重要な個人情報を晒すのは気が引けると思う人はけして少なくありません。初回相談(見積り)まではおおまかな情報のみでOKという探偵社が現在では増えています。

 

それでも最終的に調査を依頼するときには契約書を交わすことになりますから、ある程度の個人情報が知られることは了承していただくほかありません。

 

興信所に不倫調査等を頼む際は、平均的な価格について知っていないと、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。時間単価1万円以上、つまり2時間2万円以上と計算しておくと間違いありません。行動調査の時間を増やせば、費用負担は増えるだけですから、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。
もし配偶者が不倫している疑いがあり、初めて探偵業者を利用しようというときは、安さを売りにしている業者は魅力的に映るかもしれません。ただ、理由もなく安い場合は注意が必要でしょう。

 

安い価格からしても粗雑としかいいようがない調査を行っているパターンもあるわけですから、契約する前に、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかぐらいは最低限チェックしておかなければなりません。
複数の探偵業者が存在する以上、競争というものが発生します。その中で、格安価格を売り物にしたり、一律価格を謳う会社が増加する傾向にあります。ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合もあって、必ずしも格安であるとは限らないため、契約する前に、疑問点について説明してもらい、時間とお金を無駄にすることがないよう気をつけましょう。調査会社に探偵を依頼する時に心配なのは、やはり料金でしょう。

 

 

 

コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって変わってきます。

 

不倫や親子関連の行動調査などでしたら、作業時間を1時間とすると相場的には2万円前後です。

 

 

 

相場には幅がありますから、プロに相談して見積もってもらうのが一番でしょう。2社以上に聞くと色々わかって良いですよ。